毛深い女性に…

さよなら毛深いわたし。ツルツルになって、憧れの洋服でおしゃれ!

薄着でデート

 

女性なのに、毛深い。悲しいですよね。

 

ヒゲがフサフサ、眉毛も濃い。

 

腕・足だけじゃなく、お腹や背中も、うぶ毛がモサモサ。果ては陰毛までがみっしり濃い……。ホント、嫌になります。

 

ですが、毛深いという悲しい現実は、絶望するような悩みではありません。なぜなら、脱毛さえすれば、あなたも確実に、ツルツルになれるからです。

 

全身脱毛に通えば、半年ほどで効果を感じはじめ、1年ほどで気になっていた部分がだいぶ薄くなり、個人差もありますが、2年もすれば全身がツルツルになるんです!

 

全身脱毛でスベスベ女子に変身できれば、夏の薄着も、急なデートも、水着も、友達との旅行も、もう怖くありません。

 

可愛い服でおしゃれも、もっと楽しめます。

 

顔のうぶ毛がなくなれば、メイクももっと決まるようになって、エステにいったようにキレイに!

 

今すぐ、変わりはじめられるのに、ずっとこのまま悩んでいていいでしょうか。

 

脱毛は、誰だって気軽にやっているので、思い切って第一歩を踏み出しましょう!

 

 

気になる料金ですが、かなり安い脱毛サロンも出てきています。こちらに、おすすめを紹介します。

 

 

オススメ脱毛サロンとクリニック

ミュゼ・プラチナム

人気ナンバーワンの脱毛サロンを選びたいなら、ミュゼ・プラチナム。料金が安いだけでなく、スタッフのサービスも抜群で、勧誘もまったくないと口コミでも評判です。

 

ワキやVラインは、キャンペーンで安くできますので、初めての方は特におすすめ。全身脱毛プラン、美容脱毛完了コースもあります。

 

もちろん女性専用エステです。ミュゼは、全国店舗数も多く、地域も選びません。

 

キレイモ

ワキや手足だけでなく、顔、うなじ、背中、胸毛、指毛、腕毛、腹毛、すね毛、デリケートゾーンの無駄毛まで、カラダ中毛深いという悩みがあるなら、全身脱毛サロンがおすすめです。中でもおすすめはキレイモ。

 

他の全身脱毛サロンは月に2回の処理ですが、キレイモは月に1回の処理でOK。お店に通う手間や交通費も節約でき、予約も取りやすくなっています。

 

スリムアップ脱毛と美白脱毛の2種類があります。

 

もちろん、女性専用エステです。

 

湘南美容外科

高いという印象がある医療レーザー脱毛ですが、湘南美容外科クリニックならサロンとあまり変わりません。しかも、効果が高いため、少ない回数でが完了するのも嬉しいところ。

 

 

その他、女性専用エステでは、TBC、エピレなど。月額制のおすすめ全身脱毛サロンでは、脱毛ラボ、銀座カラー、シースリー、エタラビなど。医療レーザー脱毛では、アリシアクリニック、リゼクリニックなどが有名です。

 

無料カウンセリングや体験コース、認定脱毛士による施術、施術後の保証などが充実しているサロンもありますので、ご自身に合った脱毛サロンやクリニックを選びましょう。

 

本当は怖い、ムダ毛の自己処理

自己処理による肌トラブル
  • 肌荒れ
  • 肌の黒ずみ、色素沈着
  • 毛嚢炎
  • 埋没毛

 

想像してみてください。ほぼ毎日、カミソリで肌の表面を削り取り、除毛クリームの強い成分で肌に負担をかけ、毛抜きやワックスで毛根を痛めつけているのです。

 

特に毛深い女性は、ムダ毛処理の際の負担が大きくかかります。これが5年、10年と繰り返されたら、肌はボロボロに。。

 

毛深さの悩みは、自己処理で一時的に解決できても、根本的な解決方法にはなりません。あなたの本来キレイだったはずのお肌は取り戻せなくなるのです。

 

逆に、今すぐ自己処理をやめれば、少なくともカミソリや毛抜きによるダメージがなくなり、今の状態を保持できます。

 

このように、自分でムダ毛ケアをやり続けることは、肌とってひとつも良いことがありません。

 

そう考えると、ベストな解決策としては、プロの脱毛サロンやクリニック(医療機関)に通うのが間違いなくおすすめです。毎日ムダ毛にかけていた時間は、ネイルなどのもっと楽しいおしゃれや、趣味の時間に変えられるのです。

 

ムダ毛の処理は、脱毛のプロに任せて、毛深い悩みやコンプレックスとさよならしましょう!

 

 

毛深い女性の悩みを解決!

「毛深い女は情が深い」なんていう性格の話も聞きますが、実際に毛深い悩み・コンプレックスというのは、女性にとって深刻です。

 

悩んでいる方の場合なかなか彼氏ができない、恋愛に前向きになれない、プールや温泉旅行など、鬱々と過ごしてしまいがちです。中学生、高校生の頃から悩み続けている女性も少なくないでしょう。

 

脱毛処理することが毛深いことのコンプレックス解消法となり、心の持ち様が改善されることは期待できますが、もちろん自分の毛深さの原因を知ることも大切です。

 

デート中のカップル

 

必見!女性が毛深い原因は4つだった!

毛深い原因その1:遺伝

まず、生まれつき毛深い女性は両親のどちらかが毛深いことが多く、この場合ほぼ遺伝によるものと断定することができます。

 

体の器質的なものはある程度遺伝してしまい、仮に両親がそうでなく祖父母が毛深い場合でも隔世遺伝の可能性は高いです。

 

遺伝では基本的に若い時から毛深いことが多いので判定しやすいのですが、ある程度年齢を重ねてから体毛が濃くなる女性もいるので、そのような場合には他の要因が疑われます。

 

毛深い原因その2:ホルモンバランスの乱れ

体毛が濃くなる後天的な原因としてはまずホルモンバランスの乱れがあります。

 

通常の状態よりも女性ホルモンの分泌が少なくなったり、男性並みに男性ホルモンの分泌が多くなると、毛深くなることや髭が濃くなることがあります。

 

またホルモンバランスは、体毛とは直接関係ありませんが、バストアップや貧乳の悩みとも関連が深いといわれます。

 

ホルモンバランスの崩れてしまう原因には様々なものがありますが、基本的には成長ホルモンの影響や生活習慣の乱れ、動物性たんぱく質が多い肉食や食事の欧米化、塩分に偏った食事といった食生活の乱れが挙げられます。

 

その他、健康に影響の出やすい習慣、例えば喫煙や夜型の生活リズムによる睡眠不足、ストレスや過激なダイエットによるものなどがあります。

 

こういった場合は生活習慣を改めることが改善策となりますが、特におすすめできるのが和食中心の食事です。大豆食品や大豆製品に多く含まれているイソフラボンを摂ることで、女性ホルモンの代わりとなる働きが期待できるからです。

 

また、ストレスを抑え自律神経の正常な働きを取り戻すために、手足や全身のツボ押しなどを取り入れることも効果的です。

 

男性と女性 ホルモンバランスの乱れについて、もっと読む

 

毛深い原因その3:病気(多毛症など)

それでも何ら改善の兆しが見られない場合には病気が理由であることが考えられます。この場合は、できるだけ速やかに医療機関で診療を受ける必要があります。

 

また、ヒゲが生えてきたり、他の部位も異常に毛深くなるといった場合は多毛症の疑いがあります。血液検査等でホルモン定量などを分析し適切な治療を受けることが必要です。

 

毛深い原因その4:外的要因

衣服で毛先が擦れたり、強い日差しやカミソリ・毛抜きなどで継続的に皮膚に刺激を与えると、体を守ろうとしてシミが発生してしまうことがありますが、それと同様に体毛が発達し、濃くなることがあります。

 

波打ち際で遊ぶ女子

 

体毛が濃くなる原因は、どういったものであるにせよ改善することはできますが、それには正しい原因の究明と、その後の適切な処置が必要となります。

 

対策には自分で行えるものとそうでないものがあり、自己流の処理では改善されるどころか、症状がより深刻になってしまう場合もあります。悩みが深い女性の方は専門家の意見を聞くところから始めると良いでしょう。

 

ホルモンバランスの乱れを自己チェックして、毛深い原因を知りましょう!

女性の毛深い原因が遺伝やホルモンバランスの乱れ、病気など様々な原因によるものであることはご説明しました。

 

では、自分のホルモンバランスの乱れとは、今現在どのような状態なのか……とても気になりますよね。

 

そこで、あなたの現在のホルモンバランスの乱れやその状態を、簡単にセルフチェックすることができる便利なサイトがありますのでご紹介します。

 

  • 女性ホルモンバランスチェック - バファリン
  • 女性ホルモン健康度チェック セルフドクターネット - 健康情報サイト
  • 簡単診断! 女性ホルモンバランスの不調タイプを知る! 特集 - セラピスト誌のオフィシャルサイト

 

いずれのサイトも5分程度で簡単にセルフチェックすることができます。女性の毛深い原因や、ホルモンバランスを上手に整える方法なども確認することができます。

 

現在のホルモンバランスの状態と毛深い原因を知って、悩みを解消するための対策方法をとっていきましょう。

 

どんなに毛深い女性でもムダ毛をなくすには…永久脱毛がベスト?

 

背中の脱毛処理をする女性

 

特に日本の女性は、人にムダ毛を見られるのが恥ずかしいと感じる人が多いです。そのため日々、脇や腕や足といった目立つ部位のむだ毛を処理しています。

 

しかし毛深い女性の場合、抜いても抜いてもまた少しすると生えて来るので、実に厄介な悩みだったりします。

 

しかも自己処理は肌への負担が大きいので、繰り返し行っていると肌へのダメージが蓄積され、トラブルの原因となってしまいます。

 

なので最近は対処方法として、多くの女性が自己処理ではなく、脱毛エステサロンや医療機関で施術を受けています。

 

脱毛サロンや医療機関で受けられる脱毛プランには、顔脱毛やワキ脱毛、Vライン脱毛、全身脱毛コースといった部位別の脱毛のほかに、ニキビケア脱毛やプレミアム美白脱毛といった美肌効果のある脱毛コースを備えたものもあります。

 

医療機関と脱毛サロンは毛深い女性にとってどっちがおすすめ?

脱毛施術を受ける際、脱毛サロンに行くべきか、医療機関の脱毛にすべきかで悩む女性が少なくありません。ですが医療機関は、脱毛専用サロンの施術よりも安全性が高く、施術の効果が高いという特徴があるので、特にオススメです。

 

医療機関の中でも、ライトシェア・デュエットやダイオードレーザーといった形で脱毛方法に違いはあります。しかし基本的にサロン脱毛で行う施術よりも高い医療レーザー出力で施術を行うので、効果もより高くなります。

 

また、初めて脱毛サロンに行く人の中には、エステ脱毛は追加料金無しでは受けられないのでは、と心配する人もいるかもしれませんが、今は通い放題のサロンもあります。

 

当サイトで紹介する脱毛サロンは、強引な勧誘などがない安心サロンですが、小さな美容エステ脱毛などは、ごく一部の悪い店舗のせいで、そういった心配があるかもしれません。

 

大手脱毛エステのようなサイトやホームページを持たず、駅や街角でキャッチされるようなところは脱毛技術も不安ですね。

 

脱毛サロンランキングや脱毛情報サイトの参考記事、脱毛コラムなどをチェックして脱毛サロン選びをすることをオススメします。

 

医療脱毛のメリットと特徴は?

毛深い女性のムダ毛を目立たなくして、最終的に半永久的な効果を得るには、同じ場所の処理を繰り返し受ける必要があります。しかしレーザーによる施術だと、熱ダメージで毛嚢炎を発症してしまう危険性があります。

 

ただ医療脱毛の場合は、仮に毛嚢炎になってしまっても施術を行う専門医が迅速かつ適切に対処してくれるので安全性も高くなります。

 

このような理由で、医療脱毛ならば、効果的な方法で繰り返し施術を受けられる可能性が高いといえます。そのため毛深い女性でも永久脱毛効果があり、ムダ毛自体を生えて来ないようにすることも期待できるといえます。

 

以上のように、毛深いという悩みを持つ女性には、医療機関の脱毛は効果が高くメリットがあるといえるでしょう。

 

一方、デメリットは痛みかもしれません。サロンと異なり強い出力のレーザーを使用するため、ムダ毛が剛毛で毛深い女性は、特に痛いと感じてしまうのです。

 

また、医療機関によっては、女性の医師ではなく男性の医師がカウンセリングに当たることもあります。デリケートゾーンや乳首周りやワキ毛など、パーツによっては見られるのが恥ずかしいという脱毛初心者の女性もいると思います。

 

その場合は、女性の医師がいるところを選びましょう。個人の皮膚科などでは、特に女医でない場合も多くあります。ちなみに、実際に施術処理を担当するスタッフは女性だけというところが、大手の美容外科には多いようです。

 

脱毛関係のサロンは多くが女性専用となっていますので、その点では悩みが少ないといえます。

 

その他の脱毛方法:ニードル脱毛や家庭用脱毛器など

医療用レーザー脱毛やサロン脱毛以外にも、ニードル脱毛や家庭用脱毛器を使うなどといった方法があります。それぞれご紹介します。

 

ニードル脱毛

医療レーザー脱毛や光フラッシュ脱毛とは違って、ニードル脱毛ではニードル(針)を直接毛穴の毛根に作用させて脱毛します。

 

ニードル脱毛の脱毛効果は、医療レーザー脱毛や光フラッシュ脱毛よりも高い効果が得られるかもしれません。毛深い女性の剛毛には向いている脱毛法かもしれませんが、とても強い痛みをともなうといわれます。

 

家庭用脱毛器

家庭用脱毛器は、毛深い女性でも人に知られることなく自分で脱毛したいという方には向いている脱毛方法です。脱毛器の種類によって出力が異なり、少し弱いものもあるため、男性毛のように剛毛で毛深い女性にとっては少し物足りないかもしれません。

 

脱毛方法別による脱毛効果の違い

医療レーザー脱毛、光フラッシュ脱毛、ニードル脱毛、家庭用脱毛器では、それぞれ脱毛効果や特徴はどのように違うのでしょうか。以下の表にまとめてみました。

 

脱毛の種類 施術方法 効果 痛さ
医療レーザー脱毛 医療用レーザーによって、毛根細胞を破壊する 永久脱毛効果がある 痛みがある
光フラッシュ脱毛 光フラッシュによって毛根に働きかけ、細胞を破壊する 高い脱毛効果はあるが永久脱毛ではない 医療レーザー脱毛ほどではないが痛みはある
ニードル脱毛 ニードル(針)を毛穴に刺して電気を通し、毛根細胞を破壊する とても強い永久脱毛効果がある かなり強い痛みがある
家庭用脱毛器 医療用レーザーや光フラッシュによって毛根細胞を破壊する(機種によって異なる) 機種によって異なるが高い脱毛効果はあるといえる 機種によって異なるが、やや痛みはあるといえる

 

陰毛が毛深い女性の悩み対策

ヒートカッターやVライントリマーでの自己処理は…

陰毛が毛深くて悩んでいるという女性もいるのではないでしょうか。対処法として、自分でヒートカッターやVライントリマーを使用するのも、身だしなみとして効果的です。

 

しかし、ヒートカッターやVライントリマーでは肌の表面に生えているアンダーヘアしか処理ができないため、頻繁に繰り返し処理をする必要が出てきてしまいます。

 

かわいい水着や下着を履いてみたいと思っていても、肌の露出が大きくてアンダーヘアがはみ出してしまったり、生え始めた状態を他の人から見られたら、女性として非常に恥ずかしいものです。

 

脱毛サロンのVIO脱毛って?

部屋着を着ている女の子のVIOより下

 

毛深い女性がいつでもアンダーヘアを心配せず過ごすために、脱毛サロンのVIO脱毛に挑戦してみることをおすすめします。VIOとはアンダーヘアの脱毛のことをいいます。

 

恥骨から上部の逆三角形の形をしている部分をVライン、女性器周りをIライン、肛門の周辺をOラインと呼びます。Oラインはおしり全体とは異なりますので注意してください。

 

VIO脱毛の方法と施術期間

二ヶ月から三か月に一回程度のペースで、サロンで施術を受けます。とても手軽な上、数回目からアンダーヘアがだんだんと生えにくくなる効果があります。

 

毛深い女性や剛毛タイプの人でも人並み程度の量に減っていき、さらに継続すれば、つるつるの状態にすることもできます。

 

VIO脱毛はデリケートゾーンでもあるので、他の人に見られたくないという女性もいるでしょう。しかし、相手の施術者は仕事なので全く気にしていません。

 

もちろん、サロンでもそのことは考慮しており、大きく足を開くなどの必要はなく、隠しながら行ってもらえるので安心です。

 

VIO脱毛で痒みや臭いの原因も解決

VIO脱毛は女性の身だしなみ対策として利用されますが、痒みや臭いの原因となる細菌の住処をアンダーヘアを整えることで解消することもできます。

 

デリケートゾーンの肌トラブルに悩まされている女性にもおすすめのムダ毛ケアです。

 

背中やうなじが毛深い女性の悩み対策

毛深い女性の悩みとして、自分では手が届かない、見えないなど、処理が難しい部位の代表が「背中」と「うなじ(襟足)」です。

 

自分の視界に入らないため毛の状態がわかりにくい部位ですが、実は細かい産毛が密集している場合がほとんどです。何もせず背中のあいたワンピースやドレスを着てしまうと、非常に恥ずかしいことになってしまいます。

 

胸や乳輪まわり

胸や谷間、乳輪周りにぴょろっと毛が生えている女性もいます。胸は面積が大きい部分ですが、こういった部分の脱毛も可能です。ただし脱毛マシンの特性が黒い色素に反応するものなので、乳輪は施術できません。

 

ドレスを着ている背中

背中こそ、医療クリニックや脱毛サロンでケア!

自分での処理が難しい場合は、クリニックやサロンをおすすめします。光脱毛(美容ライト脱毛)を中心とした脱毛サロンでは、背中脱毛を扱っている場合がほとんどです。

 

この部位の毛を脱毛すると、肌の色が変わるほど効果があります。そのかわり毛深い女性は背中のみ処理が完了すると、お尻やお腹との境目が気になってしまう場合がありますので注意が必要です。

 

脱毛で背中ニキビの悩みも解決

その他のメリットとして、背中ニキビの悩みが解決する可能性があります。これは毛がなくなることによって衛生的になるためです。

 

背中は汗をかきやすい部位ですが、毛があるとムレやすく、しかも汗が流れないというデメリットがあります。

 

しかし、むだ毛がなくなることによって汗がしっかり流れ、衛生的になります。更に毛は汚れや菌がたまる原因にもなります。これがなくなることにより背中が衛生的になり、背中ニキビの改善へとつながります。

 

背中やうなじを処理をすると、ワンピースやドレスが自信を持って着られるようになります。おしゃれの幅が広がり、楽しいプライベートを過ごすことができるようになることは、女性なら嬉しいですね。

 

顔は女の命だからこそ!

おでこ、眉毛、頬、鼻下、あご、もみあげなど、顔が毛深いという女性も少なくありません。「女性のくせにヒゲが濃い」なんて、男子に噂されていると想像するのは悩みの種ですよね。

 

顔のうぶ毛を処理すると顔のトーンが明るくなるので、女性は化粧ノリがアップし、メイクも決まるというメリットまであります。ぜひ、ツルツルのお顔をお目指しましょう。

 

ただし、顔は女の命ともいわれる場所。決して自分でいい加減な処理をせず、エステや医療機関できれいにしましょう。

 

ちなみにエステによっては、ヒアルロン酸やコラーゲン入りのジェルを使用して脱毛するお店もあります。ムダ毛処理のついでに美容効果という女性にとって嬉しいおまけがあるエステを選ぶのもおすすめです。

 

毛深い女性がムダ毛を自分で処理するには?

毛深い女性にとって、夏の薄着は大敵です。肌を露出するファッションが自由に楽しめない、さらには、ムダ毛が多いと肌がくすんで見えるなどの問題も出てきます。

 

しかし、ムダ毛は処理して目立たなくすることができますので、目立つ部分だけでもお手入れして、女子力アップしましょう。

 

自宅でムダ毛を自己処理する方法

 

クリームを持つ手

 

女性の脱毛サロンや脱毛クリニックを利用して確実に薄くするという方法もありますが、まずは自己処理による解決法で目立たなくしたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

 

自己処理は、肌の黒ずみ、肌荒れ、毛嚢炎、埋没毛など、肌の劣化や悩みを増やす原因となるので、むだ毛の解消法としては決しておすすめではありません。

 

ですが、中学生、高校生などまだ脱毛サロンに通うのが難しい女性のために、自宅で行えるムダ毛の自己処理方法、脱毛剤の紹介、そのやり方、効果について紹介します。

 

なお、一部のサロンにはキッズ脱毛と呼ばれる子供のメニューもあります。また学生であっても、親の同意や同伴があればサロンや医療機関での処理は可能です。キレイなお肌になりたいならできる限りそちらを検討しましょう。

 

カミソリ まず手軽に処理を行えるムダ毛処理方法ではカミソリがあげられます。シェービング剤や脱毛ローションなどをつけて剃るだけですので、簡単に痛みもなく広範囲をきれいにしていくことができます。カミソリでワキ毛処理をしている女性は多いと思います。毛根部分は残っていますので、毛の再生は早い傾向にあります。逆剃りなど間違った剃り方は肌を傷めることにつながりますので、正しく剃り、カミソリも質の良いものを用意しておきましょう。なお、シェーバーには女性用があります。
除毛クリーム 除毛クリームは気になる部位にクリームを塗布し、しばらく置くと肌の表面に出ている毛は溶かされ、処理されています。毛量が多くても即効性があり、カミソリよりも肌に負担が少なく、チクチクしないことも特徴的です。この場合も毛根部分は残っていますので毛の再生は早い傾向にあり、除毛自体にムダ毛抑制効果はありません。剛毛用、敏感肌用など様々なタイプが用意されています。なお、脱毛クリームと呼ばれることもありますが、除毛クリームという方が正しい呼び方です。
毛抜き(ピンセット) 毛根からしっかり処理したい場合は毛抜きという方法もあります。毛抜きは一本ずつ抜いていくので全身のムダ毛を抜くのには向いていませんが、眉回りや脇、乳毛など部分的に処理したいときに便利な方法です。毛根から抜けるのが良いですが、痛みが強い傾向にあり、満足いくまで抜くには時間もかかります。
脱毛ワックス より素早く広い範囲をケアしたいのであれば脱毛ワックスも便利なムダ毛脱毛方法です。ワックスも様々なタイプがあり、固まるタイプもあれば、柔らかいタイプもあります。気になる部分に塗り、一気にはがすことで毛根からしっかり処置ができ、美しさも長続きします。痛みが強い傾向にありますが、毛根からしっかり処理したい場合に便利です。
脱毛テープ ワックスを用意するのが面倒という場合は脱毛テープも便利です。これは気になる部位にテープを貼り、毛の流れに逆らって一気にはがすことで毛根から処理していくことができます。便利な商品ですが、ワックスに比べると効果は弱い傾向にあります。
脱毛石鹸 脱毛石鹸はお風呂場で、脱毛したい部分を石鹸でこすって脱毛するというムダ毛専門化粧品です。STOPボディケアソープなどがありますが、その脱毛力は毛質によって個人差があるうえ、刺激の強い成分を含んでいることが多いため、肌荒れなどに注意が必要です。
脱毛タオル

脱毛タオルと呼ばれる商品もあります。これは入浴の際に体を洗うことで特殊な繊維がムダ毛をからめ取ってくれます。
背中などの自己処理が難しい部位に向いている商品です。除毛効果には個人差があり、人によってはあまり取れない場合もあります。

家庭用脱毛器 家庭用脱毛器は、自分で自宅処理で光脱毛やフラッシュ脱毛ができるムダ毛専用マシンです。ケノン、トリア、ノーノーヘア、ソイエ(パナソニック)、シルクエキスパート(ブラウン)など、様々な脱毛機器が売られていて、その性能、価格、使いやすさは様々です。カートリッジと呼ばれるものは、補填する必要がありますので、本体を買えばお金がかからないというものではありません。

 

自己処理のあとは、身体のアフターケアも大切です。豆乳ローションやパイナップル豆乳除毛クリームでの保湿など、部位にあったケアをしっかり行い、ツルスベ肌をキープしましょう。

 

毛深い女性は、妊娠しにくい? 不妊との関係

毛深い女性は不妊の可能性があるという話を聞いたことがありますか。もしくは、実際に月経不順や無月経で悩んでいませんか。

 

生まれつき毛深い女性には、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)が比較的多いとされます。

 

女性は月に1回、卵子が1つ作られ排卵されるというのが一般的ですが、多嚢胞性卵巣症候群の場合、排卵できないで卵胞が溜まってしまいます。そのため、妊娠できない、不妊が多いという話になるわけです。

 

多嚢胞性卵巣症候群の方は約20%前後が多毛症というデータもあるため、毛深い女性は不妊の傾向があるといわれています。しかしこれは絶対ではありませんので、あまり気にしすぎないようにしましょう。

 

女性の悩みのひとつの多毛ですが、多毛症とは、軟毛の硬毛化(やわらかい毛が硬くなること)のことをいうのであり、毛の数が増えることではありません。女性や小児にみられる男性型の発毛状態をいいます。この男性型多毛症の90%はPCOS(多嚢胞性卵巣症候群)と特発性多毛症が原因です。
出典:アップルレディースクリニック

 

低用量ピルの副作用と、体毛への影響について

生理不順改善薬や、経口避妊薬である低用量ピルを服用したりホルモン治療を行ったりしていると、女性は体毛が濃くなるという話があります。逆に薄くなるという話も聞きます。どちらが正しいのでしょうか。

 

ピルは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲストーゲン)の二種類のホルモンが成分です。ピルを飲むことで黄体ホルモン量を抑制したり、ピルに内在する男性ホルモンの影響で体毛が濃くなる可能性があります。

 

また、女性でも体質的に生まれつき男性ホルモンが多かったり、ホルモン改善治療などで男性ホルモン値が高かったりする場合も、体毛への影響が現れることがあります。

 

 

毛深い女性と女性ホルモン補充療法

女性ホルモン補充療法とは

女性ホルモンはエストロゲンともいいますが、植物の中には、エストロゲンと類似した生理作用を持っている物質といわれる植物エストロゲンがあります。その代表的なものとしては、大豆などに含まれるイソフラボンが有名です。

 

イソフラボンは、やはりエストロゲンとよく似た弱いエストロゲン作用を持つことから、更年期障害や2型糖尿病などの改善治療のために投与されることがあり、これを女性ホルモン補充療法などと呼びます。

 

毛深い女性が女性ホルモン含有のサプリメントを摂取した場合

このイソフラボンの効果を利用して、現在はイソフラボン含有のサプリメントなどもいろいろと販売されています。

 

イソフラボンは当然、女性ホルモンに似た作用を持つので、これらのサプリメントによって毛深い体毛が薄くなったり、肌がきめ細かく女性らしくなったりという効果も期待できる可能性があります。

 

しかし最近では、食品安全委員会によって、添加物やサプリメントなどから過剰にイソフラボンを摂取することに注意が呼びかけられています。

 

女性ホルモンを補うためのホルモン補充療法も、更年期障害の緩和のための一時的な経過措置としては認められていますが、その一方で副作用が指摘されているからです。

 

ましてや治療以外の目的のためにイソフラボンを過剰に摂取すると、肝機能障害などの重篤な副作用を引き起こしかねないともいわれています。

 

毛深い悩みを解消したいからといって、女性ホルモンを独自の判断で過剰に摂取することは絶対にやめましょう。

 

毛深い女性の性格には特徴があるの?

毛深い女性の性格には、共通したなんらかの特徴があるのかどうかを調べてみたところ、毛深い女性の性格は下記のようなイメージを持たれていることが分かりました。

 

  • さっぱりした竹を割ったような性格である

    …女性ホルモンが減少し、男性ホルモンが増加することが毛深くなる原因のひとつであるということから、このような特徴があるようです。

  •  

  • 情が深く尽くすタイプである

    …毛深い悩みがコンプレックスになっているからこそ、人に優しくできるというイメージがあるのかもしれません。

  •  

  • 少しネガティブ思考の傾向がある

    …毛深い女性は、そのことが強いコンプレックスになってしまうため、自分に自信が持てなくなる傾向があるようです。

毛深い女性はコンプレックスを持っているものの、情が深くて人に優しい女性が多いのかもしれませんね。

 

毛深い女性って、男性からはどう思われてる?

毛深い女性が好きという意見も!

毛深い女性のことを、世の中の男性はいったいどのように思っているのでしょうか?

 

ネット上の口コミサイトや知恵袋などには、毛深い女性本人からの切実な質問や相談が多数寄せられているようです。

 

  • 「毛深い女性はキライですか?」
  • 「鼻の下に毛が生えているとか、あごひげがあるとか、背中に毛が生えているとかの毛深い女性は苦手ですか?」
  • 「毛深い女性と付き合ったことありますか?」

 

といったような質問にあふれていて、毛深い女性たちは、男性からどう思われているのかをとても気にしているようです。

 

それに対して、男性からの回答や反応はさまざまですが、中には「好きな女性なら気にならない」という前向きな意見も、実は存在していることが分かりました。

 

  • 「毛深くても、好きな間は気になりません。毛深い女性は多いですしね、私も毛深いですし。恋という魔法にかかると、相手の悪い面は見えないですね。」
  •  

  • 「決して毛深い女の人が好きというわけではないですが、処理すれば別にいいんじゃないの?って感じです。」

 

毛深い女性のことを好意的に見てくれている男性もたくさんいるんですね。

 

やはり、毛深い女性に対して厳しい意見も…

その一方で、毛深い女性に対する厳しい意見も多くみられました。

 

  • 「毛深い人は、男性でも女性でも苦手です。」
  •  

  • 「やはり毛深いのは少し嫌ですね。サロンなどに通えば綺麗に脱毛も出来るし、女性ならその辺は気を使ってほしいと思います。」
  •  

  • 「あまり好きじゃない、嫌いだという人が多いと思いますが、努力して綺麗に手入れしていれば許されることでもあると思います。ただ、毛が濃いのがあからさますぎると、引く人が多いのは事実です。」
  •  

  • 「どう見られているかを気にするよりも、考え方は人それぞれなので、自分が「毛深い」ことをどうしたいか、どう努力するかではないでしょうか?」

 

このように、毛深い女性に対して少し厳しめの否定的な意見や、自分でなんとかする努力を求める声も、やはり根強くあるようです。

 

もし自分が毛深いことにすごく悩んでいて、なんとかしたいと思っているなら、脱毛サロンなどに通うのも、昔に比較するとかなり低価格になり身近なものになっていると思います。

 

脱毛部位も選べますし、施術回数も以前よりは短くお手頃にできるようになってきました。

 

脱毛サロンの無料カウンセリングを受けて、脇脱毛のお試し脱毛コースなどから始めるのもよいと思いますので、まずは毛深い悩みを解決するための一歩を踏み出してみることをおすすめします。

 

毛深い女性が生活習慣や食生活を改善して体毛を薄くするには?

毛深い女性にとって、今後これ以上ムダ毛を増やさないための生活習慣や食生活は、とても気になるポイントだと思います。

 

以下に、体毛やムダ毛を増やさないためにおすすめの生活習慣や食生活の見直し方をまとめてみました。

 

  • 身体を冷やさないようにする
  • 毛抜き(ピンセット)は毛穴に刺激を与えるので控える
  • シェーバーやカミソリの使用を控え、皮膚への刺激を与えないようにする
  • 和食中心の食生活にして動物性たんぱく質の摂取を控え、太い体毛が生えてくるのを防ぐ
  • 女性ホルモンを優位にするために、大豆類などの女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンが大量に含まれた食品を摂る
  • 喫煙習慣をやめる
  • 夜型の生活習慣の人は朝型に変える

 

これらの方法を積極的に取り入れ、日ごろから体毛やムダ毛を増やさない生活習慣や食生活につとめましょう。